10th 1月 2009

日本で家を購入する! #4

やっちゃった、日本で家を買ってしまった!

既に数週間前のことです。実は「夢の家」が後ちょっとで買おうと思って後手のせいでぽっしゃった事件の数週間後に、このすんばらしい家を見つけた:

Notre maison
我々の新しい家

そして今は、この家の方が100倍良いと思うので、前の物件を買えなかったことに感謝してます。この家も(40坪以上)、土地も(70坪以上)すごく広いです(日本人には「広すぎる」と言っていいくらい)。南に庭があります。そして、築年数は20年ですが、積水ハウスの有名なハウスメーカーの物件です。バッブルの時に作られたらしく、建てた人は何にでもこだわっていて、お金をかけた感じです。本当にすごい物件です。

そして立地条件も完璧です:30年前の分譲地で、とても静かで、近くに森もあります。(学校、お買いものなども問題ないです)。これ以上望むものがない。

今考えてみると、物件を見たり比べたりする時間をかけて、自分が本当に欲しいものが分かってきたと思います。良い家って、個人差があるんですね。私が良いと思っている物件は、あなたに適してないかもしれません。今回、我々にとって本当に大事だと思っていることが分かったのです:まず広い家、住宅街(周りの見た目は家と同じくらい大切だと感じがする)、静かで、丈夫な建物で、個性を持っている家。そして、自分があまり大切に思っていないことも分かりました:駅からの距離(駅からバスで15分です)、新しさ(むしろ新築は欲しくなかった)、大きいマンションで提供されるサービス、そして中央からの距離(それでも45分で中央に行けるけど)。

やっと、欲しいものが見つかったら、急がなければいけなかった:売主さんにオファーをし、ローンの申し込みを金融機関に出しました。ちなみに、永住権を持っていない外国人でには日本でローンを組むのは簡単ではないが、無理ではない。大手銀行は大体次の条件を要求しています:安定した中・大企業で勤め、物件価格の2割以上を現金で持って、そして、永住権の申請をしていることです。(面白いことに、永住権を持っている必要がなく、申請していることだけが要求されています)。

そして、2か月もたっていない時に、新しい家に住み始めました。ちょうど、次女が生まれる時に引っ越しができて、すべてがうまくいったと言えます。

最後に心に残るのは、諦めないで探すとやはり本当に良いものが見つかるということです。

posted in Family | 6 Comments

18th 9月 2008

迦実ちゃんが生まれました!

昨日、次女が生まれました!これで投稿しなきゃ :)

名前はCamilleと言いまして、日本語では「迦実=かみい」と書きます。漢字を探す時に、意味を気にしていたが、「」という字は日本語でどうも意味をもってなくて、音で使われているようです。「釈迦」という単語には出ていますが、私はこの字に勝手な意味をつけてしまいました。それは「加」と「Path」で「豊かな道」あるいは「命の道」という意味を持たせてます。そして「実」という字(「みい」と発音しますが)と合わせて「命の道の実」と僕が言っています。またこれを元に、次の俳句を(フランス語で)考えてみました:

Douce pluie d’automne.
Camille, tu portes les fruits
d’un chemin de Vie.

この俳句をフラッシュで作った出産報告のカードに入れてみました (ページをマウスで捲ってくださいね)。

最後に、迦実ちゃんの写真をお姉ちゃんの茉苑のと並べてみました。似ててびっくりですね。

Manon Camille

posted in Family | 2 Comments

11th 9月 2008

一年間で、娘は成長したな

先週の土曜日、娘が来年から入園する予定の幼稚園で毎年行われる祭りに行ってきました。面白いことに、ちょうど一年前に同じ祭に参加し、去年と全く同じ活動が行われていました。

なぜ面白いかというと、娘を一年前と全く同じ状況で観察する機会を与えられ、娘の成長のすごさを実感できたからです。去年19ヶ月で、今年2年と7か月で、その違いがよく分かります:受身の赤ちゃんから、活動に積極的に参加するイキイキの子供に変わってしまいました。

下の写真をご覧になるとよくわかると思います(左:2007年、右:2008年)。

Eau 2007 Eau 2008
Vent 2007 Vent 2008
Feu 2007 Feu 2008

posted in Family | 1 Comment

19th 7月 2008

日本で家を購入する? #3

Maison japonaise
Maison japonaise

あとちょっとだったのに。

先週の日曜日に見た家は、本当にすごかった!駅からは少し遠かったが、70坪以上のでかい土地に45坪の建物で、庭、地下車庫、広いテラス、静かな住宅街で、公園も学校も近くに。また、ダイニングや寝室の床は木ですが、リビングはなんと大理石!ドアも窓もユロピアンっぽくて、すべて輸入物。和室もあるがそれもまた、欧米な雰囲気。言うもなくですが、すぐにほしくなってしまいました。が、

Maison japonaise
Maison japonaise

不動産屋さんによると、すでに買い手がいて、契約を火曜、すなわち2日後にサインすることになっていると。当然、何もできないのですが、「試しに」満額で申し込んではどうでしょう、と誘われたので、あまり期待せずにそうしてみました。しかし、

2日後に電話がかかってきて、契約がどうもサインされなかったそうで、近日の都合を尋ねられました。もちろんそこで、本当に期待してしまいました。が、残念なことに

木曜日に、契約がサインされ、完売の報告を受けてしまいました。がくー 何がおこったのか?詳細はもちろん分かりませんが、おそらく、需要と供給の法則が適用され、先手の買い手が思ったより高い金額を要求され、それを受け入れたでしょう

そういうことで。 多分、あんな家は将来に2度と出てこないと思います。しかし、われわれにあった家は現れると信じています。それにしても、こんな家を見たからこれから見る物件に目が厳しくならざるを得ない。

posted in Family | 4 Comments

26th 2月 2008

Bientôt le Hina Matsuri…

Ca y est: on a resorti les poupées hina (雛人形). (Enfin, ça fait déjà plus d’une semaine, mais je ne trouve pas le temps de bloguer).

Poupees HinaAu Japon, la préparation du Hina Matsuri (Festival des Poupées), c’est un peu comme quand on décore un sapin de Noel. On retrouve les poupées qui ont dormi pendant 11 mois et on prend plaisir à les astiquer et à les disposer sur le promontoire… en chantant la chanson du Hina Matsuri:

灯りをつけましょう雪洞に♪
Akari wo tsukemasho bombori ni,
お花をあげましょ桃の花♪
O hana wo agemasho momo no hana …

Puis, on pose des friandises (hina arare ou fuwa sen) en attendant patiemment le grand jour pour les déguster.

Poupees HinaAu fond, je me suis demandé d’ou vient le terme hina 雛, et j’ai trouvé une réponse ici. L’appellation viendrait de “hiyoko” (poussin) rappelant le côté petit et mignon des poupées. Elles trouvent leur origine à l’époque Heian (794-1185), où elles étaient sensées repousser la saleté et les catastrophes. Au départ, faites de papier ou de terre, les poupées hina étaient debout. Ce n’est que plus tard (vers l’époque Muromachi, 1392-1573) qu’elles se sont assises. Et c’est depuis l’ère d’Edo (1603-1868) qu’on décore les poupées le 3 mars, lors de la floraison des pêchers.

Voilà pour la culture. Mais pour moi, le plus grand plaisir du Hina Matsuri est de voir ma fille toute excitée et joyeuse de sortir les poupées et de remonter sa boite à musique en chantonnant la petite mélodie.

posted in Family | Comments Off on Bientôt le Hina Matsuri…

6th 2月 2008

Ma fille aime les histoires…

… mais pas n’importe lesquelles!

Alors que, comme d’autres enfants, elle aurait pu aimer ceci:

Sailor Moon

… ou encore cela:

Pokemon

Voici le manga que ma fille préfère:

Sazae-san

Eh oui, Sazaé-san! Et je vous assure, ce n’est pas moi qui lui ai inculqué ça. Le manga qu’on a à la maison est en noir et blanc, mais elle adore. Ce qu’elle aime dans ces histoires de la vie de tous les jours, où il ne se passe rien de spécial? C’est sans doute qu’il y a toujours quelque chose à apprendre. Elle ne cesse de poser plein de questions: Qu’est-ce que c’est ça? Et pourquoi Sazaé-san fait ça?

Son personnage préféré? C’est “Funé” フネ, la maman de Sazaé. Avouez que pour ses deux ans, elle a des goûts raffinés, non? 😉

posted in Family | 2 Comments